グループホーム体験生活 ちゃれんじホーム

利用案内・ちゃれんじホーム筒井

ちゃれんじホームとは?ちゃれんじホームとは?

ちゃれんじホーム正式名称は、『名古屋市知的障害者地域生活体験訓練事業』と言い、グループホーム、ケアホームを体験利用できるところです。この先、地域生活を送る上でグループホーム、ケアホームは重要な場になってきます。ホームでの暮らしはどんなものか?何があるのか?等の疑問、不安を体験を通して感じていただき、将来の生活に役立ててもらおうというものです。実際に家族と離れての生活になりますので、本人はもちろんのことご家族の方にも良い経験にしていただけるところです。

目的目的

この事業は、職場や通所施設などに通う知的障がいのある方が、将来地域で自立生活を送ることができるよう、実際に家族と離れて地域生活を体験することで、生活するための力を身につけ自立意欲を高めていただくことを目的としています。

対象となる方対象となる方

名古屋市内にお住まいで、職場や通所施設などに通う知的障がいのある方。

場所場所

名古屋市東区筒井三丁目1-14

建物構造建物構造

鉄骨構造3階建て。 ※2階部分を利用

利用期間利用期間

原則として、概ね3か月間のご利用となります。

利用定員利用定員

1期ごとに、4名。年間4期、計16名。

支援体制支援体制

コーディネーター1名 世話人(常勤)1名 生活支援員数名

支援内容支援内容

コーディネーターが、利用者の状況に合わせた個別支援計画を作成し、次のような支援を行います。

1,健康に関すること
2,日常生活に関すること
3,コミュニケーションに関すること
4,社会生活に関すること
5,余暇活動に関すること
6,日中活動に関すること
7,家族との連携に関すること

利用料金利用料金

1か月 68,000円
(内訳)
家賃 40,000円
共益費 12,000円(水道光熱費、共用の消耗品・備品費等)
食事代 16,000円
※その他、自立支援給付費自己負担分や個人で使用する嗜好品、備品等の費用は、利用者の方の負担となります。

利用の方法利用の方法

1,利用を希望される方は、もよりの障害者基幹相談支援センターへ相談してください。こちら(ウェルネットなごや)から、もよりのセンターを調べる事ができます。
2,訓練等給付費(共同生活援助)を受けた後、ちゃれんじホームと利用契約をしていただきます。
※詳しくは、下記「ちゃれんじホーム」利用開始までの手続きをご覧ください。

その他その他

土曜、日曜・年末年始・お盆等は休所します。昼間は、作業所など各自の活動となります。

このページの先頭に戻ります。

概要

利用期間利用期間

第1期(4月~6月)、第2期(7月~9月)、第3期(10月~12月)、第4期(1月~3月)の3ヶ月間になります。

申込方法申込方法

もよりの障害者基幹相談支援センターでの受け付けになります。こちら(ウェルネットなごや)から、もよりのセンターを調べることができます。

ちゃれんじホームの間取りちゃれんじホームの間取り

ちゃれんじホーム 3階
ちゃれんじホーム 2階
ちゃれんじホーム 1階

ちゃれんじホーム案内地図ちゃれんじホーム案内地図

交通機関交通機関

地下鉄 桜通線「車道」2番出口より歩いて約7分
東山線「千種」1番出口より歩いて約10分
市バス 基幹バス「徳川園新出来」より歩いて約8分
栄15系統「豊前」下車歩いて約2分
J R 中央線「千種」1番出口より歩いて約10分

問合せ先問合せ先

【利用相談・申請手続き】
もよりの障害者基幹相談支援センター。こちら(ウェルネットなごや)から、もよりのセンターを調べる事ができます。

【事業に関する問合せ】
・名古屋市健康福祉局障害福祉部障害者支援課事業係
〒460-8580 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
[TEL](052)972-2560  [FAX](052)972-4149

・やまぶきホーム
〒461-0032 名古屋市東区出来町三丁目19-26
[TEL](052)799-3992  [FAX](052)799-3996

このページの先頭に戻ります。

利用開始までの手続き

利用相談
申し込み
1)利用希望する方は、もよりの障害者基幹相談支援センターで、利用相談を受けた後、利用申込書を提出してください。
利用申し込み・相談受付
利用者決定 2)希望者の状況及び利用の適性などを審査し、決定会議を行い利用者決定します。
3)地域生活を体験するために必要なサービスについて、アセスメントを行いケアプランを作成します。
決定通知書が届きます。
障害福祉
サービス申請
4)共同生活援助、その他必要なサービスについて申請を行います。
自立支援給付申請・地域生活支援事業申請
利用契約 5)実施事業所と利用契約を行います。
※健康状態を確認するため、健康診断書を提出していただきます。
引越しの準備
利用開始 6)個別支援計画作成

※利用は原則3ヶ月です。
※事業終了後、体験訓練の内容についてお話しを伺うことがありますのでご協力お願いします。
※体験後も必要に応じてもよりの支援センターで相談・援助を行います。

このページの先頭に戻ります。

ちゃれんじホームの様子

ホーム内にてホーム内にて

みんなで食事 皿洗い・片付け
みんなで食事 皿洗い・片付け
夕食準備手伝い1 夕食準備手伝い2
夕食準備手伝い1 夕食準備手伝い2
洗濯 掃除
洗濯 掃除

外出外出

外食(中華料理) 近くの公園で花火
外食(中華料理) 近くの公園で花火

余暇活動余暇活動

水族館 カラオケ
水族館 カラオケ

地域交流地域交流

地域の祭に参加(天王祭)
地域の祭に参加(天王祭)
このページの先頭に戻ります。

利用者の声

本事業利用後に、利用者、保護者、関係者の方にアンケートに答えていただきました。
(平成17年度第1期~平成22年度第4期)

1)「ちゃれんじホーム」の利用期間について1)「ちゃれんじホーム」の利用期間について

利用者 保護者・関係者
短かった 16名 短かった 29名
丁度良かった 30名 丁度良かった 29名
長く感じた 8名 長く感じた 0名
未回答 13名 未回答 9名

2)楽しかったことは?2)楽しかったことは?

・仲間と会話したこと。 ・毎日の食事が楽しかったこと。
・買い物に行ったこと。 ・勉強ができたこと。
・みんなでバーベキューしたこと。 ・みんなと生活ができたこと。
・みんなで外食したこと。 ・スタッフが優しかったこと。
・カラオケに行ったこと。 ・料理したこと。
・洗濯をしたこと。

3)一人でできるようになったことは?3)一人でできるようになったことは?

・食器の後片付け。
・料理、洗濯。
・身のまわりのこと(就寝準備、仕事の用意)。
・お小遣帳をつけれる様になった。

4)難しいと思ったことは?4)難しいと思ったことは?

・挨拶が苦手でした。
・ちゃれんじへの取り組みの理解(母)。
・みそ汁、ホットケーキをつくること。

5)将来どんな生活がしたいですか?5)将来どんな生活がしたいですか?

・仲間、友達と共同生活をしたい。
・グループホーム(ケアホーム)で生活したい。
・家族と一緒。
・一人暮らし。
・わかりません。
・考えていません。
・ちゃれんじホーム。

6)嫌だったことは?6)嫌だったことは?

・家に帰れなかったこと。
・よく寝れなかったこと。
・テレビチャンネルをかえられたこと。
・お漏らしをしたこと。
・特にないです。
・ケンカしたこと。
・掃除が難しかった。
・コミュニケーションが上手く取れなかった。

7)保護者の主な意見、感想7)保護者の主な意見、感想

・性格が明るくなり、よく話しをするようになりました。
・今後、集団生活に慣れるように願っています。
・初めは、毎晩電話がありましたが、時間とともに無くなり、自立心が前より2倍になりました。
・楽しい3ヶ月間だった様です。
・生まれてはじめて、家の外での生活でかなり心配がありましたが、スタッフの皆さんのおかげです。ありがとうございました。
・今回の体験をグループホームにつなげたらと思ってます。何か情報があれば是非お知らせ下さい。
・本人にとって初めての方々との関わりをとおして得られたことが多かったと思います。同じように、親同士の交流の機会があれば勉強させていただけるのでは無いかなあと思いました。
・ちゃれんじホームを利用して、グループホームを単語から、物として認識できているようです。

8)その他8)その他

・2度目のちゃれんじホームを希望します。
・健康管理、金銭管理の援助、余暇支援をするには、3ヶ月では短いと思います。

このページの先頭に戻ります。

利用状況(継続利用、複数利用含む)

利用状況利用状況(継続利用、複数利用含む)

平成23年 3月31日現在

期間 利用者の状況
平成
17年度
第1期

平成
22年度
第4期
年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
4名 35名 28名 11名 6名 2名
性別
54名 32名
障害名 知的障害 自閉症 ダウン症 その他
51名 20名 11名 4名
愛護
手帳
4度 3度 2度 1度 旧障害
区分
1 2
9名 48名 25名 4名 10名 6名
障害認定区分 1 2 3 4 5 6
3名 23名 24名 16名 4名
日中
活動
授産施設等 一般就労 その他
49名 35名 2名
居住区 千種区 東区 北区 西区 中村区 昭和区 瑞穂区
7名 8名 12名 7名 3名 4名 4名
熱田区 南区 守山区 緑区 天白区 名東区 中川区 港区
6名 4名 9名 9名 7名 3名 2名 1名

利用後の状況利用後の状況(継続利用、複数利用含まず)

希望 グループホーム いずれは
グループホーム
一人暮らし その他
24名 27名 6名 10名
現在 グループホーム 通勤寮 一人暮らし 在宅
14名 5名 3名 45名
このページの先頭に戻ります。